トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月27日 (土)

身体測定 

071027 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

せんせい、ぼく せい のびたでしょう?

毎日 てつぼうに ぶらさがったし、

きらいな 牛乳も のこさず 飲んだし。

ねえ、

どのくらい のびました?

去年より 何センチ のびました?

ぼく あしたから 

いちばん前に ならばなくても いいでしょう?


2007年10月24日 (水)

ドーナツ

071024

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのね、

あたし ドーナツ作るの すっごく上手なのよ。

きのうも作ったの。

粉は お母さんがこねたんだけどね

あたしが 型を抜いたのよ。

まあ上手ねぇ って

お母さん、びっくりしたんだから。

ね、知ってる?

ドーナツって、わっかになったところより

まんなかの 

丸いところが おいしいのよ。


2007年10月20日 (土)

インスタント・ラーメン

071020

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・へー、ナニナニ、三分で本格高級中華飯店の味、かあ。

うまみの効いたホタテの濃厚スープに フカヒレのこくをプラス、だってよ。

豪華だねえ。

お好みで肉や野菜をプラスすると更に美味しく召し上がれますって、

そういう手間が面倒だから インスタント・ラーメン食ってるんだっつーの。

しかし、フカヒレって、どんな味なのかなあ。

食ってみたいねえ。


2007年10月18日 (木)

午後の授業

071018_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんだか眠い 五時限目。

隣のクラスは ドッジボールだ。

あ、ケンタが投げた。

ちぇっ、かっこいいな。

野球も うまいもんな、あいつ。


2007年10月14日 (日)

およばれ

071014_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんのり甘い幸せは

はかなく壊れやすいから

そっと大事に抱えてゆく

いちごのショートケーキ

ショコラトルテに

ミルフィーユ

大好きな人と一緒に味わうための

ささやかなひとときを

白い箱に詰めて


2007年10月13日 (土)

キンモクセイ

071013

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「い―れ―て。」 って 言えばいいんだよね。

「い―れ―て。」 って。

そしたら みんな なんて言うかな。

「え―、やだ―。」

って、言わないかな。

「あきちゃん入ったら つまんない。」

って 言われたら

どうしよう。

どうしようかなぁ・・・。


2007年10月10日 (水)

夕暮れの逆上がり

071010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空をめがけて蹴り上げた足が

力なく落ちる。

誰もいない校舎の窓がオレンジ色に光って

早く帰れ

って 言ってるみたいだ。

もういちど。

今度こそ。


2007年10月 9日 (火)

赤とんぼ

07109

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オニごっこ するもの このゆび とまれ。

まだよ、まだよ。

まだ にげちゃだめ。

オニが きまってないじゃない。


2007年10月 8日 (月)

アサガオの かんさつ

07108_5

                                                                     

                                                                              

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あたしの アサガオ 芽が でない。

どうしてだろ。

みんなといっしょに 

ひとさしゆびで 深さを はかって 植えたのに。

お水も まいにち あげたのに。

みんな 芽が出て

かわいい ふたばが ひらいてるのに。

あたしのだけ。 

どうしてなの?


はじめに

このブログでご紹介するのは、全て 9×12cmの、ごくごく小さな作品たちです。短歌や俳句のような、短い定型詩を詠むような気持ちでつくりました。五七五 といった「型」の制約の中で 歌を詠むように、 9X12cmというサイズの制約の中で 描いたのです。

ほんのかすかな心の揺れや、ふと何かを感じた瞬間の情景、或いは薄れかかった遠い記憶の中で光を放つ一瞬・・・・。 そんなものを 歌に詠むように 銅板に刻みました。短い歌のような絵ですから、それぞれ詞書 (ことばがき) が付いています。

最初に上げた作品は、小学校の理科の、朝顔の観察が題材です。みんなと一緒にちゃんと種を蒔いたはずなのに、自分の鉢だけ芽が出ていない、という カナシイ状況。

正直、私自身の朝顔の観察がどうだったのかは 思い出せません。けれど、みんなと同じようにしたのに 自分だけ上手くいかなかった、という体験は、人生の そこここに 有ったような気がする。具体的には思い出せないのですが・・・・。

『単に運が悪かった』という、この世の理不尽さや不条理のようなものを、幼心に初めて感じた瞬間の記憶が 心の奥、潜在意識の深いところに刻まれているような気がしてなりません。そんな記憶に形を与えてみたのが この絵です。

そんな風にして、心の深いところから、ぷくぷくと あぶくのように立ち昇って来ては、はかなく消えるつぶやきを つかまえては、銅板に刻んできました。ここでご覧戴く作品が、あなた自身の『記憶の残像』を 呼び起こす鍵になり、ほんの少しでも あなたの心を癒してくれますように。

「なんとなく懐かしい。」

とか、

「ああ、何だかわかる、わかる。」

とか思って頂けたら、とても幸せです。

小さいですが、心を込め、手をかけて作った作品たちです。勉強不足のため、スキャニングした段階で、色や風合いなど、微妙なニュアンスが随分変わってしまったのが大変残念ですが、詞書と併せてお楽しみいただけたら嬉しいです。いつか版画を直に見て頂ける機会がありますように。

なお、主な技法は、今のところ、ライン・エッチングと アクアチントです。腐食液は、塩化第二鉄、紙は全てハーネミューレです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Copyright.Hagino Chinatsu.All right reserved.


トップページ | 2007年11月 »